ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
伊達市ケーブルテレビ
文字サイズを拡大文字サイズを元に戻す背景色を白に変更背景色を黒に変更背景色を青に変更背景色を黄に変更音声読み上げ
伊達市ケーブルテレビ > 週刊こんにちはだて 平成29年4月の放送内容

週刊こんにちはだて 平成29年4月の放送内容

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月28日更新

4月28日放送分

 今週の見どころは、「伊達ニットフェアスプリングセール」です。

 ニットは伊達市の名産品の一つで、品質が良く人気があります。市場価格よりもお得に購入できる展示即売会は、季節ごとに行われています。

 今年も今月22日と23日に開催された春の展示即売会には、市内外からたくさんの方が来場し、お気に入りのニットを買い求めていました。

4月28日の映像をみる


4月21日放送分

 今週の見どころは、「伊達市版ネウボラ事業」です。

 「ネウボラ」とは、フィンランドで推奨している子育て支援のことで、伊達市は安心して子育てのできる環境づくりを目指し、妊娠した時から切れ目なく寄り添いながらすべての子育て家庭を支援する目的として、伊達市子育て世代包括支援センター「にこにこ」を今月3日に開設しました。

4月21日の映像をみる


4月14日放送分

 今週の見どころは、「認定こども園 伊達こども園 入園式」です。 認定こども園 伊達こども園は、平成28年度に閉園した伊達保育園と伊達幼稚園を統合して開園しました。今月7日には、伊達こども園の開園式と入園式が行われました。

 入園式では、この春から新しく集団生活を始める子どもたちが既に通園している子どもたちから歓迎を受けました。

 認定こども園には0歳から5歳までの子どもたちが通園しています。

4月14日の映像をみる


4月7日放送分

 今週の見どころは、企画展「絵本 カッキーとカッキーナのゆめ」です。
梁川美術館では現在、企画展「絵本 カッキーとカッキーナのゆめ」を開催しています。
旧五十沢小学校の児童たちは、東京で地元特産のあんぽ柿のPR活動をしてきました。あんぽ柿は、東日本大震災後の原発事故による影響で一時出荷制限されていましたが、出荷制限解除となったことから、その発祥の地である五十沢の子どもたちがPRを行うため、ゆるキャラとして「カッキーとカッキーナ」を誕生させました。梁川美術館では、絵本の原画や東京国際フォーラムで児童たちがPR活動を行った時の写真、あんぽ柿の生産の様子などの写真を16日(日曜日)まで展示しています。

4月7日の映像をみる