伊達市では親子が笑顔で暮らせる架け橋となるよう、ネウボラ保健師が妊娠中から切れ目なくお手伝いします。
子育て家庭が気軽に相談できるしくみをつくっていきます。

Neuvola(ネウボラ)とは・・・フィンランド語で「アドバイスの場」の意味です。 

伊達市子育て世代包括支援センター「にこにこ」

全体コンセプト

妊娠期からの切れ目のない支援 そして親子が笑顔になる架け橋

こどもが健やかに成長し、安心して就学できるように結び付ける「架け橋」のような存在

基本的な考え

≪柱1≫寄り添う支援

就学までのすべての親子の心配なこと、困っていることの相談を受けます。
切れ目なく支援することで「安心」を届けます。

≪柱2≫保健と保育の一体化

保健師と保育士両輪によるアドバイスを行い、お子さんがよりよく成長していくよう見守ります。

主な事業

「にこにこ」の主な事業

JPEG形式で見る  PDF形式で見る

関連ページ

最上部へ戻るボタン