ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福島県伊達市立図書館 > 「秋の夜長を家族で、一緒に読書を楽しみませんか」

本文

「秋の夜長を家族で、一緒に読書を楽しみませんか」

印刷ページ表示 更新日:2018年10月2日更新

「秋の夜長を家族で、一緒に読書を楽しみませんか」

9月8日(土曜日)、国見町観月台文化センターで、福島うちどくネットワークが主催する「福島子どもの読書活動推進フォーラム」が開催され、参加してきました。

子ども司書による群読、絵本作家の淺沼ミキ子さんによる講演、パネルディスカッションなどを通して、「家読(うちどく)の大切さについて考えてもらおう」という企画でした。

家読とは「家庭ふれあい読書」からの造語だそうです。そのねらいは、ゲームやインターネット、スマホ等に時間を取られて、急速に減りつつある家族の団らんや親子の会話を、家族が同じ本を読むことで取り戻そうとすることにあります。

伊達市内でも、趣旨に賛同して活動している小学校が複数あると聞いています。

この運動を通して、一昔前まではごく自然に行なわれていた昔話や絵本の読み聞かせが、少しずつでも各家庭に浸透していってくれたら嬉しいです。

うちどく 

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る