ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 未来政策部 > 協働まちづくり課 > 令和4年度伊達市コミュニティ助成事業の実施について

本文

令和4年度伊達市コミュニティ助成事業の実施について

印刷ページ表示 更新日:2021年9月1日更新

 

令和4年度コミュニティ助成事業を募集します。

一般財団法人自治総合センターでは、宝くじの社会貢献広報事業として、コミュニティ助成事業を実施しています。この事業はコミュニティ活動に必要な備品や集会施設の整備、安全な地域づくりと共生のまちづくり、地域文化への支援や地域の国際化の推進及び活力ある地域づくり等に対して助成を行い、地域のコミュニティ活動の充実・強化を図ることにより、地域社会の健全な発展と住民福祉の向上に寄与することを目的としています。

 伊達市では令和4度伊達市コミュニティ助成事業の申請を受け付けています。令和4年度コミュニティ助成の詳細はこちら<外部リンク>からご覧いただけます。 

※団体からの申請内容について、県や自治総合センターにて厳正に審査されますので、申請したとしても必ず採択されるとは限りません。

※整備したものには、すべて宝くじの広報普及マークをつけなければなりません。(マークについてはシールなどにして表示していただきますが、そのシールの作成費なども対象経費となります)

宝くじ社会貢献活動イメージキャラクター広報表示

募集要項

申請区分

 伊達市では以下の3つの申請区分で助成を行います。

​​(1)一般コミュニティ助成事業

一般コミュニティ助成事業
具体的な内容

住民が自主的に行うコミュニティ活動の促進を図り、地域の連帯感に基づく自治意識を盛り上げることを目指すもので、コミュニティ活動に直接必要な設備等(建築物、 消耗品は除く)の整備に関する事業。

例)お祭りの山車、太鼓、テーブル、テント、法被等

認められる実施主体 市が認めるコミュニティ組織(町内会、地域自治組織など)
金額

対象事業費の10分の10以内 100 万円から 250 万円まで

※事業費が100万円未満の事業については対象外となります。また、事業費が250万円を超える場合は、その超えた分は実施団体の負担となります。

必要書類 ・事業実施主体の規約
・事業実施主体の令和3年度総会資料 (事業計画、事業報告、予算書、決算書が付いているもの)
・見積書  
・カタログやパンフレット等 (カラーで、規格や金額がわかるもの)

 

(2)コミュニティセンター助成事業​

コミュニティセンター助成事業
具体的な内容 住民の行う自主的なコミュニティ活動を積極的に推進し、その健全な発展を図るため、住民の需要の実態に応じた機能を有する集会施設(コミュニティセンター・自治会集会所等)の建設又は大規模修繕、及びその施設に必要な備品の整備に関する事業。
認められる実施主体 市が認めるコミュニティ組織(町内会、地域自治組織など)
金額 対象となる事業費の 5 分の 3 以内に相当する額
上限1,500 万円まで
必要書類 ・団体の令和3年度総会資料 (事業計画、事業報告、予算書、決算書が付いているもの)
・申請内容に関する管理運営規程(案)
・見積書  ※2者以上から見積りを取ってください。
・カタログやパンフレット等 (カラーで、規格や金額がわかるもの)
・保管場所または設置場所の土地登記簿謄本(コピーで可)
・土地が使用できる根拠書類 (契約書・承諾書等)(コピーで可)
・建物が使用できる根拠書類 (契約書・承諾書等)(コピーで可、建物を要しない場合は不要)
・保管場所または設置場所の周辺地図
・建物工事に関する図面(平面図・立体図)
・財源に関する資料 (預金通帳のコピー等団体負担分に関わるもの)
・議事録 (集会施設建設に関する地区住民の総意がわかるもの)
・コミュニティセンター助成事業調査票
・大規模修繕に該当する旨の証明書(大規模修繕を希望する場合のみ)

​(3)地域防災組織育成助成事業 

地域防災組織育成助成事業
具体的な内容

一定地域の住民が当該地域を災害から守るために自主的に結成した組織又はその連合体が行う地域の防災活動に直接必要な設備等(建築物、消耗品は除く)の整備に関する事業。

例)防災倉庫の設置など

認められる実施主体 市が認める自主防災組織
金額 対象事業費の10分の10以内 30 万円から 200 万円まで
必要書類 ・事業実施主体の規約
・事業実施主体の令和3年度総会資料 (事業計画、予算書が付いているもの)
・見積書  
・カタログやパンフレット等 (カラーで、規格や金額がわかるもの)

※次にあげる団体はすべてのコミュニティ助成事業において実施主体の対象外です。

特定の目的で活動する団体(PTA、体育協会、宗教団体、営利団体等)公益法人、地方公共団体が出資している第3セクター、その他その活動が地域に密着しているとは言いがたい団体等

※助成金は10万円単位の額となり、10万円未満の経費は、実施団体の負担となります。  

(例 1において事業費155万円の場合は、助成金150万円、自己負担5万円となります。)  

※1と2の併用は出来ませんが、2と伊達市集会所建設等事業費補助金を組み合わせて申請することは可能です。

(その場合は全体の事業費からコミュニティ助成金額を引いた額の2分の1を市で助成します)

応募期間

2021年9月24日(金曜日)まで

※応募期間を過ぎた場合、次年度以降に向けた要望書という形で受理します。先着順で翌年度の申請を行います。

 

ご不明点などございましたら、協働まちづくり課地域振興係までお問い合わせください。

 

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る