ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 社会福祉課 > 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

本文

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

印刷ページ表示 更新日:2021年8月18日更新

社会福祉協議会が行う緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯で、一定の要件を満たす生活困窮世帯に対して、「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を支給します。

詳細については「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金のご案内」をご確認ください。

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金のご案内 [PDFファイル/544KB]

制度の概要

支給の対象となる方(生活保護を受給している方や職業訓練受講給付金を受給している方は対象外となります)

社会福祉協議会の特例貸付を利用できない世帯

 1  総合支援資金の再貸付を借り終わった、または令和3年11月までに借り終わる世帯
 2  総合支援資金の再貸付が不承認となった世帯
 3  総合支援資金の再貸付の相談をしたものの、再貸付の申請ができなかった世帯

上記1~3のいずれかに該当した上で、以下のすべてを満たしている方

 〇申請日の属する月において、その属する世帯の生計を主として維持している方

 〇世帯の収入が下記を超えないこと
  1人世帯   111,000円
  2人世帯   155,000円
  3人世帯   183,000円
  4人世帯   218,000円
  5人世帯   252,000円
  6人世帯   288,000円
  7人世帯   326,000円
  8人世帯   359,000円

 〇世帯の金融資産が下記を超えないこと
  1人世帯   468,000円
  2人世帯   690,000円
  3人世帯   840,000円
  4人以上世帯 1,000,000円

 〇今後の生活の自立に向けて、下記のいずれかの活動を行うこと
  ・公共職業安定所に求職の申し込みをし、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと
  ・就労による自立が困難であり、この給付終了後の生活の維持が困難と見込まれる場合には、
   生活保護の申請を行うこと

支給額(月額)

 単身世帯:6万円、2人世帯:8万円、3人以上世帯:10万円

支給期間

 3カ月

申請方法

 1 申請窓口 : 伊達市役所 社会福祉課 ※平日8時30分から17時15分まで
 2 申請期間 : 令和3年11月30日(火曜日)まで
          ※総合支援資金の再貸付の借入最終月が令和3年8月~11月の方は、
           それぞれ借入最終月に入ってから申請可能となります。
 3 申請書類 : 総合支援資金の再貸付終了世帯及び再貸付不承認世帯には、
           順次、申請書類を送付します。

 

「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を装った振り込め詐欺や個人情報の搾取にご注意ください!

 ご自宅や職場などに、市や厚生労働省の職員などをかたった不審な電話や郵便があった場合は、市役所や警察署にご連絡ください。

 

 

 

Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る