ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > 税金 > 国民健康保険税 > 令和3年度の国保税が決定しました

本文

令和3年度の国保税が決定しました

印刷ページ表示 更新日:2021年7月16日更新

国民健康保険制度を支える大切な財源 国保税の税率等が決定

 伊達市国民健康保険事業は、加入者が年々減少する一方、加入者の高齢化や医療技術の高度化などから被保険者一人当たりの医療費が毎年増加しており、事業運営は大変厳しい状況です。
 しかしながら、新型コロナウイルス感染症による社会経済への影響が未だ続いている状況であることを考慮し、今年度の国民健康保険税の税率等は据置とします

令和3年度の税率

区分 税率等
医療分 支援分 介護分
所得割(所得金額で計算)

前年の所得×6.10%

前年の所得×2.20%

前年の所得×1.70%

均等割(人数で加算) 22,000円 8,000円 8,000円
平等割(一世帯定額) 16,400円 6,000円 4,200円
合計 所得割+均等割+平等割 所得割+均等割+平等割 所得割+均等割+平等割
賦課限度額 630,000円 190,000円 170,000円
年間保険税額 医療分の合計+支援分の合計+介護分の合計
  • 医療分…伊達市国保被保険者の医療費をまかなうためのものです。
  • 支援分…後期高齢者の医療費を社会全体で支えるためのものです。 
  • 介護分…40歳から64歳までの国保被保険者に賦課される介護保険分です。

低所得世帯に対する軽減措置基準の変更

 所得の低い世帯に対しては、従来から世帯の前年の所得金額に応じて、定額部分(均等割・平等割)の軽減措置が講じられており、個人所得課税の見直しを踏まえ令和3年度から軽減措置基準が変更になりました。

7割軽減

世帯主とその世帯の国保被保険者の前年所得の合計額が

43万円+10万円×(年金・給与所得者の数-1)以下

5割軽減

世帯主とその世帯の国保被保険者の前年所得の合計額が

43万円+10万円×(年金・給与所得者の数-1)+28万5千円×被保険者数以下

2割軽減

世帯主とその世帯の国保被保険者の前年所得の合計額が

43万円+10万円×(年金・給与所得者の数-1)+52万円×被保険者数以下

  ・世帯主…他の医療保険(社会保険や後期高齢者医療制度)に加入している擬制世帯主も含みます。
  ・被保険者数…後期高齢に移行した旧国保該当者を含みます。
  ・軽減判定所得には、専従者控除(給与)や土地等の譲渡所得特別控除、牛免税所得特例等は適用されません。
  また、1月1日現在で65歳以上の場合、年金所得から15万円を控除した額を軽減判定所得に使用します。
  ・世帯に未申告対象者がいる場合、軽減判定は行われません。
  ・年金、給与所得者の数とは、同一世帯内の被保険者及び世帯主のうち、給与所得がある方(給与収入が55万1千円以上)または、公的年金等所得がある方(公的年金収入が令和3年1月1日時点で65歳以上は125 万円(※)超、65歳未満は60万円超)の数です。
 
(※)125万円の内訳は、公的年金控除額110万円+高齢者特別控除額15万円

新型コロナウイルス感染症の影響による減免

 新型コロナウイルス感染症の影響により、次の要件を満たす方は、国保税減免の対象となります。

 ・新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った世帯の方 ⇒ 全額免除

 ・新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれる世帯の方        ⇒ 一部を減額(主たる生計維持者の前年の合計所得金額により10分の2~10分の10)

【一部減額される具体的な要件】
次の(1)~(3)すべてに該当する世帯
(1)主たる生計維持者の事業収入等のいずれかが、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
(2)主たる生計維持者の前年の所得の合計額が1千万円以下であること
(3)収入減少が見込まれる種類の所得以外の前年の所得の合計額が4百万円以下であること

《注意》
 ・減免額は、世帯の所得により異なります。
 ・申請の際は、令和3年の収入額を確認できる書類が必要となります。

 ※非自発的失業者該当(会社都合退職の事由として雇用保険を受給される方)による保険税軽減制度の対象者は、この減免制度の適用対象外となります。ただし、給与所得以外の事業収入等において(1)の基準に該当する方は対象となる場合があります。

新型コロナウイルス減免【申請書】 [Wordファイル/21KB]
新型コロナウイルス減免【記入例】 [Wordファイル/43KB]
新型コロナウイルス減免【記入上の注意】 [Wordファイル/37KB]

 

納め忘れに注意

  • 納付書は7月15日(木曜日)に発送しました。
  • 納付書が届いたら、納付方法を確認し期限内に納付してください。
  • 期限内に納付が困難な場合は、そのままにせず、お早めに収納課(東棟1階)に相談してください。
福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る