ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 防災・安全 > 台風19号関連情報 > 税金、保険料、公共料金などの減免 > 台風19号で被災された方の国民健康保険・後期高齢者医療保険の窓口負担について【令和2年9月30日終了】
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療保険・国民年金 > 国民健康保険 > 台風19号で被災された方の国民健康保険・後期高齢者医療保険の窓口負担について【令和2年9月30日終了】

本文

台風19号で被災された方の国民健康保険・後期高齢者医療保険の窓口負担について【令和2年9月30日終了】

印刷ページ表示 更新日:2020年9月16日更新

医療機関の窓口負担が猶予(免除)されます【令和2年9月30日終了】

 令和元年台風19号で被災された方で、下記に該当される方は医療機関での窓口負担が猶予(免除)されます。 

 国民健康保険及び後期高齢者医療に加入されている方は、一部負担金免除証明書を提示してください。

 ※令和2年9月30日で終了となり期間延長はありません、10月以降は医療機関等の窓口において一部負担金の支払いがありますのでご注意ください。

対象者

 伊達市国民健康保険、及び伊達市にお住いの福島県後期高齢者医療保険の被保険者で、令和元年台風19号で被害を受けたことにより下記に該当される方 

 (1) 住家の全半壊、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた方   

 (2) 主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負われた方

 (3) 主たる生計維持者の行方が不明である場合

 (4) 主たる生計維持者が業務を廃止、または休止された方

 (5) 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

   ※床下浸水は免除の対象外です。

猶予及び免除の期間

   令和元年10月12日から 令和2年9月30日の診療分まで。

   【令和2年9月30日終了、期間延長はありません】

医療機関受診方法

   保険者より交付された「免除証明書」を、医療機関受診の際提示してください。

受診後の取り扱い

   市から、後日内容の確認をさせていただくことがあります。

還付申請について

窓口負担が猶予(免除)される対象者で、医療機関で窓口負担を支払った方は、還付の申請ができます。

 ※ 還付を受ける権利は、一部負担金を支払った翌日から2年となりますので、期限内に申請してください。

申請手続きについては次のとおりです

(1)記入に必要なもの
 ・印鑑(シャチハタ不可)
 ・通帳(国民健康保険は世帯主、後期高齢は被保険者本人の口座番号がわかるもの)

(2)申請に必要なもの
 ・り災証明書
 ・令和元年10月12日から令和2年9月30日までに受診された領収書

(3)申請場所
  国保年金課(市役所中央棟1階)
  各総合支所(保原総合支所は除く)

申請書は各窓口に用意しております。事前にご希望の場合こちらをご使用ください。

国民健康保険一部負担金還付申請書 [PDFファイル/141KB]

後期高齢者医療一部負担金還付申請書 [PDFファイル/110KB]

その他

  ・社会保険等、他の健康保険に加入されている方は、ご自身が加入 されている保険者にお問い合わせください。

Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る