ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療保険・国民年金 > 後期高齢者医療制度 > 新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 新型コロナウイルス感染症 > 支援制度 > 新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免

本文

新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免

印刷ページ表示 更新日:2021年8月16日更新

 新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、所定の要件を満たす方は保険料が減免となります。

対象者

  1. 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が亡くなられた世帯の方
  2. 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が重篤な傷病(※1)を負った世帯の方
  3. 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれる世帯の方で、次のア~ウのすべてに該当する方
    ア 事業収入等(※2)で、収入の種類ごとに見た令和3年の収入のいずれかが、令和2年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
    イ 令和2年の所得の合計額が1,000万円以下であること
    ウ 収入減少が見込まれる種類の所得以外の令和2年の所得の合計額が400万円以下であること

※1 1か月以上の治療を有すると認められるなど、新型コロナウイルス感染症の病状が著しく重い場合
※2 事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入
※3 保険金、損害賠償等により補てんされるべき金額がある場合は、減少額から差し引く

対象となる保険料

 
普通徴収(納付書・口座振替) 令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に納期限が到来する額
特別徴収(年金天引き) 差引き対象年金の支給日が上記期間にあるもの

減免内容

対象者1、2に該当する場合

 保険料の全額を免除

対象者3に該当する場合

 保険料の一部を減額

減免対象額

 減免対象額 =A×B/C

 
減免対象額(A×B/C)
A:減免対象保険料額
B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入にかかる令和2年の所得の合計額
C:世帯の主たる生計維持者および世帯の被保険者の令和2年の所得の合計額

減免の割合

 

主たる生計維持者の令和2年における所得の合計額

減免の割合(D) ※

300万円以下

全部(10分の10)

400万円以下

10分の8

550万円以下

10分の6

750万円以下

10分の4

1,000万円以下

10分の2

※主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、主たる生計維持者の令和2年の所得の合計額にかかわらず、減免の割合は10分の10になります

減免額

  減免額=減免対象額(A×B/C)×減免の割合(D)

必要書類

【添付書類】

  • 1に該当する場合
    * 死亡診断書の写し
  • 2に該当する場合
    * 医師の診断書の写し
  • 3に該当する場合
    収入状況等申告書 [Wordファイル/19KB] /  [PDFファイル/168KB]
    * 確定申告書や源泉徴収票など、令和2年の収入がわかるものの写し 
    * 給与明細や帳簿など、令和3年の収入の減少がわかるものの写し
    ※事業等の廃止・失業 : 廃業届、離職証明書、解雇通知等の写し

申請方法

  減免申請書に必要事項を記載し、必要書類を添付の上、下記窓口に提出してください。(郵送可)

  • 国保年金課(本庁舎中央棟1階)
  • 各総合支所(保原総合支所は除く)

申請期限

  令和4年3月31日

その他

Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る