ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 妊婦・子ども > 妊娠・出産 > 伊達市不妊治療費助成事業(一般・特定)

本文

伊達市不妊治療費助成事業(一般・特定)

印刷ページ表示 更新日:2021年4月1日更新

伊達市では、一般不妊治療(人工授精)及び、特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けたご夫婦の経済的負担を軽減するため、治療費の一部を助成します。

令和3年度 伊達市一般不妊治療費助成事業チラシ [PDFファイル/231KB]
令和3年度 伊達市特定不妊治療費助成事業チラシ [PDFファイル/387KB]

一般不妊治療(人工授精)

対象者

 申請日において、下記のすべてにあてはまる方
 (1)法律上の夫婦であり、夫婦またはいずれか一方が市内に住所を有している方
 (2)夫婦またはいずれか一方が、他市町村の一般不妊治療費の助成を受けていない方
 (3)助成に係る治療日に妻の年齢が43歳未満の方
 (4)夫婦いずれも市税等の滞納がない方
 (5)夫婦合算の令和2年分(4.5月に申請する場合は令和元年分)の所得額が730万未満の方
   ※所得額の計算方法 [PDFファイル/160KB]
   合計所得金額(収入額ではありません)-80,000円(児童手当法施行令第3条第1項の控除額)-各種控除額〔雑損控除額,医療費控除額,小規模企業共済等掛金控除額,障害者控除額(普通),障がい者控除額(特別),勤労学生控除額〕  

対象の治療 

 令和3年4月1日以降に受けた夫婦間で行う保険適用外の人工授精
 ※人工授精前の検査や薬物療法は助成の対象になりません。

助成内容

 助成額は、人工授精に要した費用に対して本人負担額の2分の1の額(1円未満切り捨て)。
 助成期間は、助成に係る治療が開始月から36月(3年)の間で、1組の夫婦に対し合計6万円を上限とします。 

特定不妊治療(体外受精・顕微授精)

対象者

 令和3年4月以降に、福島県特定不妊治療費助成事業の助成の決定を受けており、申請日において、下記のすべてにあてはまる方
 (1)特定不妊治療を受けた夫婦(事実婚関係を含む)
         ※令和3年12月31日以前に終了した治療の申請は、法律上の夫婦であること
 (2)夫婦またはいずれか一方が、市内に住所を有している方
 (2)夫婦またはいずれか一方が、他市町村の特定不妊治療費の助成を受けていない方
 (3)夫婦いずれも市税等の滞納がない方

助成内容

(1)助成額 

助成額 (特定不妊治療費から県助成額を引いた額)
治療内容 助成上限額
治療ステージABDE 150,000円
治療ステージCF ※ 50,000円
男性不妊治療 150,000円

 治療ステージについては、福島県特定不妊治療費助成事業と同様です。福島県のホームページ<外部リンク>をご覧ください。
 ※令和2年12月31日以前に終了した治療については、75,000円

(2)助成回数
  初めて助成を受けた際の治療期間の初日に
  ・妻の年齢が40歳未満の場合、43歳になるまで通算6回まで
  ・妻の年齢が40歳~43歳未満の場合、43歳になるまで通算3回まで
  ※治療終了日が令和3年1月1日以降で助成を受けた方については、県助成事業の回数リセットに合わせて、市助成回数もリセットすることができます。

手続き (必要な書類等を提出してください。)

申請に必要な書類等
一般
不妊
特定
不妊
書類名 様式・注意点等
  (1)伊達市一般不妊治療費助成申請書兼請求書 様式第1号(一般不妊) [PDFファイル/121KB] [Wordファイル/139KB]
※氏名を自署する場合は、押印不要です。
  (2)伊達市特定不妊治療費助成申請書兼請求書 様式第1号(特定不妊) [PDFファイル/147KB] [Wordファイル/152KB]
※氏名を自著する場合は、押印不要です。
  (3)一般不妊(人工授精)治療費助成事業受診等証明書 様式第2号(一般不妊) [PDFファイル/105KB] [Wordファイル/79KB]
※治療を受けた医療機関に記載いただいてください。
  (4)医療機関発行の診療費の領収書または領収金額の明細書(原本または写し) (3)の額を確認できる領収書または領収金額の明細書
  (5)福島県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書 原本をお持ちください。
  (6)福島県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し 県への提出前に写しを取っておいてください。
(7)は(6)の額を確認できる領収金額の明細書等(または領収書)
  (7)医療機関発行の領収金額の明細書等(または領収書)の写し
(8)婚姻関係が証明できる書類(戸籍謄本)

(1)、(2)の同意事項の承諾があれば提出不要。
(8)~(11)を提出される際は、3か月以内に交付されたもの(交付は有料です)
(12)は、夫婦のいずれかが他市町村に住所がある場合、提出してください。転入直後の方はお申し出ください。

(9)夫婦の住所が確認できる書類(世帯主・本籍地記載の住民票)
(10)夫婦それぞれ市税等の滞納がないことが確認できる書類(納税証明書等)
  (11)夫婦それぞれの所得及び控除額を確認できる書類(所得・課税証明書)
(12)他市町村の同種助成を受けていないことが確認できる書類
(13)振込口座の通帳 (1)、(2)の申請書兼請求書に記入した振込口座の通帳をお持ちください。
(14)印鑑 念のためお持ちください。(インク浸透印不可 )

※一般不妊治療、特定不妊治療を同時に申請する場合は、(8)~(10)、(12)~(13)の書類は1部ずつご準備ください。

申請先 

 伊達市健康推進課地域母子係
 〒960-0634 伊達市保原町大泉字大地内100 (伊達市子育て世代包括支援センター「にこにこ」内)
 電話:024-576-3510 

申請期限

 令和3年度実施分は、令和4年3月31日(木曜日)が締切です。
 一般不妊治療は、治療終了後、お早めにに市へ申請してください。
 特定不妊治療は、県助成事業の承認決定後、お早めに市へ申請してください。
 申請が遅れる可能性がある場合には、健康推進課地域母子係までご連絡ください。

関連リンク

 ・福島県特定不妊治療費助成事業(福島県ホームページ)<外部リンク>
 ・福島県不妊専門相談センター(福島県ホームページ)<外部リンク>

Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る