ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業部 > 農政課 > 高収益作物次期作支援交付金について

本文

高収益作物次期作支援交付金について

印刷ページ表示 更新日:2020年11月16日更新

高収益作物次期作支援交付金要望及び申請受付の延長について

運用見直しに関する追加措置のため、令和2年12月10日(木)まで要望及び申請受付の期間を延長します。なお、これ以降は申請とりまとめの都合上受付はできませんのでご了承ください。

※(1)本来交付金に含めてはならない部分を算入したり、金額を過大に申請をしていた場合返還となる可能性もあります。
  (2)今後さらに運用の見直しがある場合もあります。

高収益作物次期作支援交付金について

高収益作物次期作支援交付金とは、新型コロナウィルス感染症の発生により、売上が減少する等の影響を受けた高収益作物(野菜・花き・果樹・茶)について、次期作に前向きに取り組む生産者の方に対する支援です。

※ あくまでも要望受付であり、国の予算も不確定な状況であるため、必ずしも採択されるとは限りません。
高収益作物次期作支援交付金について [PDFファイル/627KB]

支援対象となる生産者

令和2年2月から4月の間に野菜、花き、果樹、茶について、出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかった生産者

支援内容その1

【支援単価】
(1)基本単価 5万円/10a
(2)施設栽培のうち高集約型品目の単価

対象品目:新型コロナウィルス感染症の影響で需要が減少した品目   交付単価
施設栽培の花き、大葉及びわさび80万円/10a
施設栽培のマンゴー、おうとう及びぶどう25万円/10a

【対象施設】 加温装置(空調装置)又はかん水装置がある施設

【対象となる取組例】
・生産、流通コストの削減の取組
・種苗、肥料、農薬等の資材の購入
・土壌改良資材の投入
・自動環境制御装置の活用
・作業環境の改善の取組
・事業継続計画の策定 等

支援内容その2

次期作に向けた下記の(1)~(3)のいずれかの取組を行う場合に、10a当たり2万円を支援

【対象となる取組】
(1)新たに直販等を行うためのHP等の整備
(2)新品種、新技術の導入等に向けた取組
(3)海外の残留農薬基準への対応又は有機農業、GAP等の取組

支援内容その3

高品質なものを厳選して出荷する取組に対して取組を行った人数、日数に応じ、1人、1日あたり2,200円を支援。
【対象品目】
花き、茶、施設栽培の大場、わさび、マンゴー、おうとう及びぶどう
【対象となる取組】
(花きの取組例)
・フラワーネット張りの調整
 芽かき、摘花、整枝
・冷蔵貯蔵庫等による出荷調整
(茶の取り組み例)
・被覆作業の実施
・化粧ならし・遅れ芽除去
・荒茶の分別製造調整

高収益作物次期作支援交付金の運用見直しについて

高収益作物次期作支援交付金の創設当時は要件を簡素で弾力的にするなど、困っている方が申請しやすい仕組みとなっておりましたが、新型コロナウィルスの影響を受けていないのに、交付金が支払われている等の批判を受けかねないため、下記のとおり運用の見直しとなりました。

(1) 交付対象面積の変更
 次期作の全作付面積→売り上げが減少品目の作付面積
(2) 交付額の上限設定
 各農業者の減少額を超えない範囲
(3) 源泉出荷の取組日数の上限設定
 作業従事者一人につき90日まで

【具体的な内容】
(1) 申告書を追加で提出
 前年から売り上げが減少していること等を確認したうえで交付

(2) 交付対象面積について
(1) 交付対象面積の算定には「対象期間中に出荷実績がある又は、廃棄等により出荷できなかった品目のうち、出荷期間を通じた売り上げが前年の同期間より減少した品目ごとの作付面積の範囲
※ 対象期間は令和2年2月~4月

(2) 品目の売り上げを算定する出荷期間は令和2年2月以降の出荷月から売り上げが確認できる直近月までの間とする
 

※令和2年10月追加措置について

10月の運用見直しにより、交付金が減額又は交付されなくなる生産者を対象として、本交付金を見込んですでに実施した機械等の投資に対し、減額分を上限として支援されます。

【支援対象となる生産者】
本交付金の10月の運用見直しにより、交付予定額が減額又は交付されなくなる生産者であって、かつ、事業開始(4月30日)から10月30日までの間に次期作に向けて、新たに機械・施設の整備や資材等の購入又は発注を行った生産者

【支援内容】
(1) 機械・施設の取得費(定額※(1))
(2) (1)以外の取組(資材等) :掛かり増し経費※(2) 定額※(1)

※(1) 補助額は運用見直し前の交付予定額が上限(ただし、運用見直しにより、交付額が減額となった方は、その減額分が上限となります。
※(2) 新たな資材の購入費のほか、新たに地域でまとまって取り組む資材等の経費、通常使用している資材の使用量の増加分等が対象となります。

農水省HP 高収益作物次期作支援交付金<外部リンク>

Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る