ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農業 > 農地・農業経営関連 > 水田農業・米の生産調整

本文

水田農業・米の生産調整

印刷ページ表示 更新日:2013年11月1日更新

伊達市の水田農業

 伊達市における水田農業は、一戸当たりの平均水田面積が38a程度と少なく、経営規模の小さい多数の農家が生産の多くを担っています。
 農用地の集積率は低く、効率的かつ安定的な経営を行なっている水稲専業農家は極めて少ないのが現状です。
 また、担い手の減少や高齢化、後継者不足、耕作放棄地の増加などの問題が顕在化しています。

安心安全な米の生産

 福島第一原発事故により放射性物質汚染が発生したため、平成24年度は、伊達市の一部地域でコメの作付け制限が行われました。
 平成25年度から作付制限は解除され、伊達市全域で作付可能になりました。
 伊達市で生産されたコメは、全量全袋検査を行い、安全・安心なコメの提供に努めています。

 コメの全量全袋検査の写真

経営所得安定対策の推進

 コメ・麦・でんぷん原材料ばれいしょ・そばなど、販売価格が生産費を恒常的に下回っている作物を対象に、その差額を交付し、農業経営の安定と国内生産力の確保を図るとともに、麦・大豆等への作物転換を行います。

担い手育成等

 現在顕在化している農業の問題(高齢化・担い手不足・耕作放棄地の増大等)を解決するため、認定農業者や農業生産法人への農用地(水田転作)の流動化(土地の利用権設定、貸借、受委託)を進め、効率的かつ安定的な水田農業の経営体の育成を図ります。
福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る