ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 防災・安全 > 台風19号関連情報 > 住宅支援 > 福島県借上げ住宅(応急仮設住宅)・住宅の応急修理について(2月25日更新)

本文

福島県借上げ住宅(応急仮設住宅)・住宅の応急修理について(2月25日更新)

印刷ページ表示 更新日:2021年2月25日更新

【福島県借上げ住宅(応急仮設住宅)の供与】

 相談・受付は、令和2年5月29日をもって終了しました。(令和2年5月29日更新)

【住宅の応急修理制度】

 相談・受付は、令和2年9月30日をもって終了しました。(令和2年9月30日更新)

 応急修理の完了報告書の提出期限は令和3年3月31日(水曜日)までとなります。(令和3年2月25日更新)

制度の概要

 台風19号により、住宅が半壊や大規模半壊の被害を受け、被災した住宅を応急的に修理することにより、自宅で引き続き住むことを目的として、災害救助法に基づき、必要最小限の修理を支援する制度です。 

 ※「全壊」の場合でも、応急修理を実施することにより居住が可能となる場合は対象となります。

 ※なお、応急修理制度と重複して福島県借上げ住宅(応急仮設住宅)の提供は受けられません。また、応急修理を行った後に、応急仮設住宅等へ住むということは出来ませんので十分留意してください。

住宅の応急修理の取扱いの改正について(令和元年11月22日更新)

 住宅の応急修理制度の取扱いについて、より多くの被災者の方々を救済するため弾力的な運用のもとQ&Aが一部改正されました。下記リンクより福島県のホームページの「応急修理のよくあるご質問」をご確認ください。

 福島県ホームページ「被災住宅の応急修理について」<外部リンク>

限度額

  ・一世帯あたりの限度額は、59万5千円(一部損壊は、30万円)

  ※同一住家(1戸)に2以上の世帯が居住している場合でも、一世帯あたりの限度額となります。

工事完了報告書・請求書について(令和2年4月13日更新)

 【提出書類】 ※提出書類はすべて原本でご提出ください。

(1)工事完了報告書(Word) [Wordファイル/21KB](PDF) [PDFファイル/30KB]

(2)修理見積書(写) ※依頼書に添付しておりますので、コピーして提出をお願いいたします。

(3)応急修理の対象となっている部分の写真(施工前、施工中、施工後)(Excel) [Excelファイル/21KB](PDF) [PDFファイル/51KB]

(4)請書 ※応急修理分の費用が50万円以上の事業者の方に郵送しております。

(5)請求書(Excel) [Excelファイル/14KB](PDF) [PDFファイル/21KB]

記載例(工事完了報告書 他) [PDFファイル/208KB]

Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る