ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 新型コロナウイルス感染症 > 対策本部からのお知らせ > 市職員の新型コロナウイルス感染症患者の発生について

本文

市職員の新型コロナウイルス感染症患者の発生について

印刷ページ表示 更新日:2021年4月23日更新

 市職員の新型コロナウイルス感染症患者の発生状況をお知らせします。患者等のプライバシーに対しては、特段のご配慮をいただきますようお願いします。

令和3年4月23日発表分(県内3143例目)の概要

・年代 : 60代

・性別 : 女性

・居住地 : 伊達市内

・症状・経過
 4月22日(木曜日) 県内陽性者の濃厚接触者として、PCR検査を実施した結果、陽性判明。

・状態 : 症状なし。入院予定。

・行動歴
 2週間以内の海外滞在歴 : なし
 2週間以内の県外滞在歴 : なし
 発症2日前以降の勤務歴等: なし

・濃厚接触者 : 同居家族。その他調査中。

・その他 : 本人が所属している職場は消毒し、県北保健所の指導を受け、通常どおり業務を実施しております。

 

令和2年12月31日発表分(県内925例目患者)の概要

・年代 : 40代

・性別 : 男性

・居住地 : 伊達市内

・症状・経過
 12月21日(月曜日) 夜間に熱感あり。
 12月22日(火曜日) 発熱、頭痛、咳、咽頭痛あり、医療機関受診。
 12月24日(木曜日) 医療機関受診。
 12月28日(月曜日) 医療機関受診し、PCR検査のため検体採取。
 12月30日(水曜日) PCR検査の結果、陽性判明。軽症。現在入院中。

・濃厚接触者 : 同居家族。その他調査中。

・市役所の開庁について

 1月4日(月曜日)より通常どおり開庁し、業務を行います。

市職員の新型コロナウイルス感染に係る市長メッセージ(令和2年12月31日)

 市民の皆さまには、新型コロナウイルス感染防止と経済活動の段階的な回復に日々ご努力をいただき、感謝申し上げます。
 さて、伊達市で1例目となる新型コロナウイルス感染症患者が11月11日に確認された以降、現在25例を数えており急速に感染が拡大しています。
 このような状況の中、12月30日伊達市職員が新型コロナウイルス感染症に感染していることが確認されました。
 市では職員の感染防止について、行動指針を設定し検温、マスクの着用、手洗いの徹底などの基本的な対策はもとより、会議や出張の制限、さらには庁舎内の消毒などを実施してきたところですが、今回、市職員から感染者が確認されたことで市民の皆さんに不安とご心配をおかけすることとなり、誠に申し訳なく思っております。
 当該職員の行動経過については上記のとおりですが、12月22日以降体調不良により休暇を取得していることから、県北保健所から濃厚接触者の定義にあてはまる市職員はいないとの判断をいただいております。年明けの市役所の業務については、1月4日から通常どおり行うこととしています。
 今後は再度全職員に対し感染拡大防止の徹底を図るとともに、分散業務を実施するなど、対策に万全を期してまいりますのでご理解賜りますようお願い申し上げます。
 市は、福島県と情報を共有し一体となって感染拡大防止を進めておりますので、市民の皆様におかれましても引き続き、人と人との距離の確保、マスクの着用、手洗い、手指消毒など感染防止対策をお願いします。

伊達市長 須田 博行

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る