ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > 税金 > 市県民税の申告 > 個人市民税・県民税の申告について

本文

個人市民税・県民税の申告について

印刷ページ表示 更新日:2021年1月25日更新

市県民税の申告について

 1月1日に伊達市に住所のある方は、3月15日までに市県民税の申告が必要です。市県民税の申告は市県民税の税額の計算だけでなく、国民健康保険税・後期高齢者医療保険料・介護保険料の算定や所得証明書等の発行のための資料にもなります。期限内に適切な申告を行ってください。

申告が必要な方

 下記のリンク先のフローチャートで確定申告や市県民税申告が必要かどうか確認ができます。

※フローチャートは申告が必要かどうか簡単に判断するための目安です。個別の事情によっては当てはまらない場合もありますので、不明な点は税務課市民税係にお問い合わせください。

上記のフローチャートで「C 所得税の申告が必要です」に該当した方

 福島税務署が開設する会場で所得税の申告をお願いします。

会場

 ウィル福島アクティおろしまち(福島市鎌田字卸町10-1)

期間

 令和3年2月1日(月曜日)~令和3年3月15日(月曜日)

※土日祝日は除きますが、2月21日(日曜日)と2月28日(日曜日)に限り開設します。 

時間

 9時30分~16時

※会場への入場には「入場整理券」が必要です。「入場整理券」の配布方法等は下のリンクから国税庁ホームページをご覧ください。

確定申告会場へお越しになる方へ<外部リンク>外部サイトへリンクします(新規ウィンドウで表示)

※「確定申告書等作成コーナー」を利用すれば、申告会場に行かなくてもご自宅で申告できます。所得税の申告書は国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」の案内に従って金額等を入力すれば、税額などが自動計算されます。作成した申告書を印刷して、税務署の窓口や郵送にて提出すれば、混雑する申告会場にお越しいただく必要がありません。詳しくは「国税庁ホームページ」をご覧ください。

令和2年分確定申告特集<外部リンク>外部サイトへリンクします(新規ウインドウで表示)

上記のフローチャートで「B 市県民税の申告が必要です」に該当した方

 市が開設する会場で市県民税の申告をお願いします。

日程・会場・必要な書類

※今年から「事前予約」が必要になりました。下のリンクから「事前予約」をお願いします。

 令和2年分 所得申告相談会 事前予約ページ

申告の際の注意点

農業・営業不動産所得がある方

 「収支計算書」を事前に記入してきてください。収支計算書の記入が終了していないと受付できません。
※収支計算書は1月中旬に対象の方へ発送しました。また本庁(保原東棟1階)税務課および各総合支所に備え付けてあります。

医療費控除を受けようとする方

 「医療費控除の明細書」または医療保険者等が発行した「医療費通知」を、確定申告書の提出の際に添付する必要があります。明細書の記入が終了していない場合は受付できません。
※医療費控除の明細書は、下記の様式をダウンロードして作成してください。また本庁(保原東棟1階)税務課および各総合支所に備え付けてあります。

  「医療費控除の明細書」<外部リンク> (国税庁ホームページへリンク)

社会保険料控除を受けようとする方

 国民健康保険税、後期高齢者医療保険料、介護保険料の納付額は、社会保険料控除を受けることができます。 これらの領収書は申告の際に必要ですので、大切に保管してください。なお、令和2年中に納めたこれらの明細書を令和3年1月下旬にお送りします。申告をする際には領収書か明細書のいずれかをお持ちください。
 領収書や明細書をなくしてしまった場合は、本庁収納課または各総合支所で納付額明細書(無料)を発行できますので、申請してください。

Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る