ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 震災・原子力災害復興情報 > 復興・除染 > 除染 > 仮置き場の防護壁に明るい彩りを

本文

仮置き場の防護壁に明るい彩りを

印刷ページ表示 更新日:2014年3月11日更新

仮置き場の防護壁に明るい絵画がお目見え

除染により生じた除去土壌を保管する仮置き場。
市民協働と住民理解のもとに設置を進めてきた仮置き場は、市民の皆さんのご協力もあり、現在、伊達市内に96箇所あります。
設置した仮置き場は、適切な管理を徹底するため、防護壁で囲むなどして立ち入りを制限しています。

しかし、住宅地や幹線道路の近くといった生活圏内に設置された仮置き場も多い状況です。

付近の住民からは「仮置き場を囲む防護壁が、景観を悪くしているので改善してほしい」といった要望も寄せられていました。
除去土壌を保管するために必要な仮置き場でも、その景観が住民に与えるストレスの緩和策などは考えなければならないものです。

こうした中、市では、モデル的に仮置き場の防護壁への絵画掲示を企画し、絵画掲示セレモニーを実施しました。

絵画掲示セレモニー

平成25年12月19日(木曜日)、福島大学の学生さんが製作した絵画を防護壁に掲示しました。
福島大学の絵画掲示セレモニーの様子はこちら

平成26年2月10日(月曜日)、保原高校美術部の生徒さんが製作した絵画を防護壁に掲示しました。
保原高校美術部の絵画掲示セレモニーの様子はこちら

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る