ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

出産育児一時金

印刷ページ表示 更新日:2018年12月25日更新

国民健康保険に加入されている方が出産したときには、出産育児一時金が支給されます。
平成21年10月から出産育児一時金は、出産費用の軽減のため直接医療機関等へ支払う制度となりました。

支給金額

1通常の出産(妊娠85日以上 死産、流産を含む)404000円
2産科医療補償制度に加入する医療機関等で出産された場合(妊娠週数22週以上)16000円を加算

申請手続き

直接支払制度を利用した場合

 出産育児一時金は伊達市から医療機関へ支払われますので、出産者は出産費用のうち出産育児一時金を越えた金額を医療機関へお支払いください。

  1. 入院時に医療機関へ被保険者証を提示してください。
  2. 医療機関等と出産育児一時金の申請・受取に関する代理契約(制度利用合意文書)をしてください。
  3. 医療機関では、国保連合会(診療費等の支払機関)に「出産育児一時金」を請求します。
  4. 退院時に医療機関から制度利用合意文書と出産費用内訳領収明細書を受取りください。

出産費用が出産育児一時金の支給額より少ない場合

 出産費用が出産育児一時金支給額より少ない場合は差額分を支給します。 
 対象者には市役所から必要書類等をお知らせをします。
 申請に必要な書類は次のとおりです。

  • 国民健康保険被保険者証(保険証)
  • 印鑑
  • 母子健康手帳
  • 世帯主名義の預金通帳
  • 医療機関等で発行された出産費用内訳領収明細書

直接支払制度を利用しなかった場合

 医療機関等に出産費用全額をを支払った後出産育児一時金を受取る制度です。
 申請に必要な書類は次のとおりです。

  • 国民健康保険被保険者証(保険証)
  • 印鑑
  • 出生証明書または母子健康手帳(出生届出済証明のあること)
  • 医師の証明書(死産、流産等で妊娠日数の確認が必要な場合)
  • 世帯主名義の預金通帳
  • 医療機関等から発行された出産費用内訳領収・明細書
  • 医療機関等と契約した「直接支払制度」を利用しない旨の合意文書
 

出産育児一時金支給申請書提出先(差額支給または直接支払制度を利用しない場合)

  • 国保年金課(本庁舎中央棟1階)
  • 市民課(本庁舎中央棟1階)
  • 各総合支所

その他

 出産予定の医療機関が直接支払制度に対応していない場合は、国保年金課までご連絡ください。
福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る