ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療保険・国民年金 > 保健事業 > 重複・頻回受診はやめましょう

本文

重複・頻回受診はやめましょう

印刷ページ表示 更新日:2020年8月25日更新

重複受診とは・・・

 同じ病気で複数の医療機関を受診することです。

頻回受診とは・・・

 同じ病気で同じ医療機関を受診する回数が過度に多いことです。 

重複受診・頻回受診をやめる理由

 重複受診・頻回受診は、様々な支障や影響をおこす可能性があります。

  体に負担がかかります

  同じような検査や処置が行われ、更に投薬や注射などを繰り返し、体への負担や副作用などの恐れがあります。

  医療機関を変えている間に病状が悪化してしまう恐れがあります。

 急病患者の治療に支障がでます

  医療機関での治療時間が増え、救急搬送や急病人の治療に支障をきたす恐れがあります。

 医療費がかかります

  重複受診ではその都度「初診料」を支払い、同じような検査や処置でも医療費を支払うことになります。

  頻回受診ではその都度「再診料」を支払い、医療費を多く支払うことになります。

  紹介状なしに医療機関を変更して受診すると、別途負担の請求がある場合があります。  

 国民健康保険税に影響がでます

  医療費は、皆様に納付いただく国民健康保険税や自己負担でまかなわれます。

  そのため医療費が増えると保険財政が圧迫され、税額の引き上げを招きます。

重複受診・頻回受診を防ぐには

  重複受診・頻回受診を防ぐ方法があります。

 かかりつけ医を決めましょう

  かかりつけ医とは、まず相談する身近なお医者さんです。必要に応じて専門医を紹介してもらうこともできます。

 医師を信頼し支持を守る

  自己判断で服薬量を変えたり飲むのをやめたり、通院をやめたりせず、医師を信頼し支持を守りましょう。

 医療機関を変更するときは紹介状をもらう

  必要がある場合、専門医を紹介してもらい紹介状を持って受診しましょう。

 体調が悪くないのに受診するのをやめる

  体調が悪くない又は悪化していないのに頻繁に受診するのはやめましょう。

 受診の際は納得いくまで説明を受ける

  曖昧にせず気になることは納得いくまで医師の説明を受けましょう。

 医療費通知や領収書を確認する

  医療機関窓口で支払うのは医療費の一部です、医療費通知や領収書を見ると実際の総額がわかります。

  コスト意識が高まり、受診を見直すきっかけになります。

 年に一回の特定健診を受けて健康管理をする

  健診で病気を早期発見できれば、受診回数も少なく治療ができます。

  また、健診結果から生活習慣を見直し、健康管理を行いましょう。

関連リンク

 厚生労働省ホームページ「医療機関への受診にあたって」(外部サイト)<外部リンク>
福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る