ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康診査・予防接種 > 高齢者の肺炎球菌ワクチン定期予防接種のお知らせ

本文

高齢者の肺炎球菌ワクチン定期予防接種のお知らせ

印刷ページ表示 更新日:2021年4月9日更新

肺炎球菌感染症とは

 肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。

 肺炎球菌は、主に唾液などを通して飛沫感染します。日本人の約3~5%の高齢者は、鼻やのどの奥にこの細菌があるといわれています。この菌が、何らかのきっかけで気管支炎、肺炎などの重い合併症を起こすことがあります。

高齢者肺炎球菌ワクチンについて

 予防接種の法律が一部改正されたことに伴い、高齢者の肺炎球菌ワクチン予防接種が定期予防接種(自治体が行う予防接種)となりました。

 令和3年度接種対象となる年齢の方で、いままで市の助成を受け肺炎球菌ワクチン予防接種をしていない方に対してお知らせをいたします。

 接種を希望される方は、「令和3年度伊達市高齢者肺炎球菌の定期予防接種について [PDFファイル/346KB]」の説明をよくお読みいただいて、接種されるようお願いいたします。

ご注意頂きたいこと

 新型コロナワクチンを接種される場合は、高齢者肺炎球菌ワクチンとの間隔を2週間以上空けて接種してください。(同じ日に接種することはできません。)

接種期間

 令和3年4月1日 ~ 令和4年3月31日

対象者

 定期接種の対象者は以下の二つの要件に該当する方になります。

 1. 今までこのワクチンを接種したことがない方

 2. 令和3年度に以下の年齢になる方

65歳(昭和31年4月2日生~昭和32年4月1日生の方)

70歳(昭和26年4月2日生~昭和27年4月1日生の方)

75歳(昭和21年4月2日生~昭和22年4月1日生の方)

80歳(昭和 16年4月2日生~昭和17年4月1日生の方)

85歳(昭和11年4月2日生~昭和12年4月1日生の方)

90歳(昭和6年4月2日生~昭和7年4月1日生の方)

95歳(大正15年4月2日生~昭和2年4月1日生の方)

100歳(大正10年4月2日生~大正11年4月1日生の方)

※対象の生年月日が今後毎年変わるため、接種期間を過ぎると助成が受けられなくなりますのでご注意ください。

自己負担

   2,400円
 (生活保護を受給されている方は無料です。希望者は最新の「保護変更通知書」を医療機関窓口へ提示してください。
  申し出がない場合は負担がかかります。)

実施医療機関

 実施医療機関一覧(伊達市・伊達郡内) [PDFファイル/135KB]をご確認ください。

 その他、福島県内の広域予防接種指定医療機関でも接種できます。市または医療機関にお問い合わせください。

持ってくるもの

 (1)対象者へ郵送された通知と予診表※郵送された書類が対象資格の証明となります。
   持ってくるがない場合は接種できませんのでご注意ください。紛失時は再発行が必要です。

 (2)健康保険証

注意事項

 (1)医療機関へは必ず予約をしてから受診してくさい。

 (2)予診票は漏れのないよう記入してください。

  医療機関から配布される「接種済証」は大切に保管してください。

Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る