ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農業 > 農地・農業経営関連 > 収入保険に加入しましょう。

本文

収入保険に加入しましょう。

印刷ページ表示 更新日:2021年8月13日更新

制度概要

 収入保険制度とは、品目の枠にとらわれずすべての農業経営品目を対象に自然災害や価格低下をはじめ、農業者の経営努力では避けられない様々なリスクによる販売収入(所得ではない)の減少を補償する保険制度です。

 ※農業共済やナラシ対策などの類似制度については、どちらか一方を選択して加入することになります。なお、令和3年1月から当面の間、野菜価格安定制度を利用されている方が初めて収入保険に加入される場合、1年間に限り、収入保険と野菜価格安定制度を同時利用することができます。

 ・農林水産省ホームページ(農業保険(収入保険・農業共済))(外部サイトへリンク)<外部リンク>

対象者

  収入保険制度に加入できる方は、青色申告を行い、経営管理を適切に行っている農業者(個人・法人)です。
  *5年以上の実績があることが基本ですが、加入申請時に1年分の実績があれば加入できます。なお、その場合の補償限度額は申告実績が5年になるまで徐々に引き上げていく等の措置があります。

【新たに青色申告を始めるには…】

 個人の場合、その年の3月15日までに、最寄りの税務署【福島税務署】(外部サイトへリンク)<外部リンク>に「青色申告承認申請書」を提出すれば、翌年の確定申告から青色申告を行うことができます。

 ・国税庁 青色申告制度とは(外部サイトへリンク)<外部リンク>

 ・国税庁 青色申告承認申請手続き(外部サイトへリンク)<外部リンク>

 

対象となる農産物

 保険資格者が栽培または飼養を行い、販売する農作物、家畜及び農産物(簡易な加工品を含む。)が対象となります。
 *簡易な加工品とは、精米・もち・荒茶・仕上茶・梅干し・干し大根・畳表・干し柿・干し芋・干ししいたけ・牛乳等を指します。(肉用牛・肉用子牛・肉豚・鶏卵は対象外)

補償内容

 ​加入者ごとに設定する基準収入の最大9割を保険期間の当年の収入が下回った額の9割を補てんし、平均収入の8割以上の収入が確保されます。
 補てん方式は「掛捨ての保険方式」(補償限度額・最大8割)と「積立方式」(最大1割)の組合せができ、加入者は補償限度額・支払率を選択して加入できます。(掛捨ての保険方式のみの加入もできます)

収入保険制度お問い合わせ窓口

 詳しい制度の概要及び相談・加入申請等については、福島県農業共済組合県北支所にお問い合わせください。

【県北支所】

 住所 〒960-8152 福島県福島市鳥谷野字扇田55番地1

 TEL 024-544-2711(代)

 FAX 024-544-2726

【関連リンク】

 ・福島県農業共済組合(NOSAI福島)(外部サイトへリンク)<外部リンク>

 ・福島県ホームページ(収入保険制度)(外部サイトへリンク)<外部リンク>

 

その他

収入保険保険料等の補助について(市単独補助)

 伊達市では収入保険加入促進及び農業者の負担軽減のため、農業共済金等の一部を補助しています。

 
補助名 概要 補助率
果樹共済掛金補助

果樹共済に加入した農業者の掛金を補助

(令和3年度に限る)

2/10以内(限度額5万円)
収入保険保険料補助

収入保険に加入した農業者の保険料を補助

(次年度以降継続)

3/10以内(限度額5万円)(※1)

青色申告新規相談支援

(収入保険加入促進)

農業者が新たに青色申告に取り組む場合に生産者団体に支払う費用を支援(次年度以降継続)

(1)青色申告の記帳代行料を補助

(2)青色申告にかかる相談料を支援

(1)1/2以内

(2)1件 3,000円

 ※1:令和3年度の加入者の補助率は全員3/10。ただし、次年度以降の補助率は、加入1年目…3/10以内、2年目2/10以内、3年目…1/10以内。

 詳しい補助内容については、下記問い合わせ先までご連絡ください。

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る