ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > 税金 > 固定資産税 > 平成24年に一戸建て住宅を新築しましたが、なぜ今年から固定資産税が高くなったのですか

本文

平成24年に一戸建て住宅を新築しましたが、なぜ今年から固定資産税が高くなったのですか

印刷ページ表示 更新日:2016年10月31日更新

回答

新築の住宅の場合、一定の要件を満たせば、固定資産税が課税される年から3年間(長期優良住宅の認定を受けている場合は5年間)、新築住宅の軽減で家屋の税額が2分の1(居住部分の120平方メートルまで)に減額されます。この場合は、平成25~27年度分の3年間の税額が減額され、28年度からは本来の税額に戻ったわけです。

関連する情報

「固定資産税」をご覧ください。

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る