ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > 税金 > 固定資産税 > 土地の評価額が変わらないのに税額が上がるのはなぜですか

本文

土地の評価額が変わらないのに税額が上がるのはなぜですか

印刷ページ表示 更新日:2013年4月10日更新

回答

土地の評価額に変更がなくても、固定資産税が上がることがあります。
固定資産税は、「課税標準額」に「税率」を乗じて算出します。この課税標準額のもとになるのが「評価額」です。地価が上昇傾向にあった時期は、評価額も同様に上昇しました。しかし、税額も評価額に合わせて上昇させると、納税者はかなりの負担増になることが予想されました。そこで税額のもとになる課税標準額を段階的に評価額に近づけていく措置をとりました。
こうした理由により、課税標準額が評価額に追いついていない場合は、評価額が上がっていなくても段階的に税額が上がることになります。

関連する情報

「固定資産税」をご覧ください。

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る