ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > 歴史・文化・観光施設 > 文化財 > 高子二十境(たかこにじゅっきょう)

本文

高子二十境(たかこにじゅっきょう)

印刷ページ表示 更新日:2014年5月16日更新

霊山の写真 霊山の写真

高子二十境

保原町上保原地区には、難しい漢字の字名が20ほど残されています。これらの地は一般に『高子二十境』と呼ばれています。

四季折々、様々な表情を見せる『高子二十境』をぜひお楽しみください。

高子二十境の由来

『高子二十境』は、江戸時代中ごろの高子村の文人、熊阪覇陵(はりょう)が、高子村を中心に景勝地を選び、漢詩を読んで楽しんだことに始まるといわれており、高子二十境の名称を中国の当時の都『長安』の東にあった『網川二十境(もうかわにじゅっきょう)』にならって名づけたと考えられています。

覇陵の死後、その子である台州は、父の追慕集として『永慕編』を編纂、出版しました。『永慕編』は、熊阪家の由緒、覇陵の業績、二十境の位置・漢詩・図などから成り、高子二十境の名が全国に広まることとなりました。

字名と『永慕編』の矛盾

明治時代になると、高子と上保原の字名に『高子二十境』の名称を公的に使用することになります。このとき、二十境の地名のいくつかが本来の場所と違う場所に当てられた疑いがあり、研修者の間で『永慕編』の記述との矛盾が指摘されました。

 はりょうの名が刻まれた石

高子二十境のルートとポイント

高子二十境周遊ハイキングコース

西コース[所要時間:約2時間]

阿武隈急行高子駅を北に向けて出発し、『丹露盤(たんろばん)』や『玉兎巌(ぎょくとがん)』をまわります。高子沼には、1週約1.6キロメートルの遊歩道が整備されています。

丹露盤

伊達家の始祖『朝宗』の居城跡といわれる高子ヶ岡・亀岡八幡宮。その奥にある『丹露盤』は、地域を一望できる眺めのよい場所です。

たんろばんの画像

玉兎巌

高子陂(こうしひ)

 こうしひの画像

南コース[所要時間:約2時間]

阿武隈急行高子駅を南に向けて出発し、高子沼の東側『拾翠崖(じゅうすいがい)』や『愚公谷(ぐこうこく)』などを廻る、比較的起伏に富んだコースです。

拾翠崖(じゅうすいがい)

 じゅうすいがいの画像

愚公谷(ぐこうこく)

 ぐこうこくの画像 ぐこうこくの眺め

東コース[所要時間:約2時間]

阿武隈急行高子駅を東に出発し、『古樵丘(こしょうきゅう)』や『白雲洞(はくうんどう)』を廻るコースです。白雲洞にある小さな丘、通称『岩谷山』は、岩穴に薬師如来がまつられており、霊窟として知られています。

古樵丘(こしょうきゅう)

白雲洞(はくうんどう)

 はくうんどうの画像 はくうんどうからの眺め

アクセス

車アイコン画像車を利用の場合

福島駅から高子沼 

所要時間 約20分

保原駅から高子沼 

所要時間 約10分

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る