ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 防災危機管理課 > 日ごろからの備え

本文

日ごろからの備え

印刷ページ表示 更新日:2018年6月14日更新

災害に対する備えを日ごろから考えましょう

 災害は、いつ、どこで、どのように起こるか予測できません。災害時にどんな行動をとれば良いのか、どんなものを備えておけばいいのかを考えておく必要があります。そのため、災害から自分や家族を守るため、一人ひとりが何をすればよいのか、身近なところから考えてみることが大切です。

家庭でできること

 災害時に落ち着いて行動できるように、次のことを家庭で話し合い、情報を共有しておくことが大切です。

1.防災マップの活用

 防災マップにはご自宅等が確認できる縮尺の地図に避難所やハザード情報が掲載しています。

 ご自宅から避難所までの避難経路や危険な場所、災害時の家族の連絡方法や集合場所を確認しましょう。

 詳細については伊達市防災マップをご確認ください。

2.住まいの安全

 阪神・淡路大震災の死因の8割以上が住宅や建築物の倒壊による圧死、窒息死によるものです。

 地震による被害を最小限にするためには、ご自宅等の耐震性の確認や家具等が転倒防止やガラス戸にガラス拡散防災フィルムをつけるなど対策を講じましょう。

3.備蓄・持出品の準備

 いざ避難という時になって、あわてて荷物をまとめようとしても、なかなか適切な判断はしにくいものです。日頃から非常時に備え、持出品を用意しておきましょう。

  非常時持ち出し品

  詳細については非常時持出品をご確認ください。

 地域でできること

 いざというときに地域で助け合えるよう、自治会や自主防災組織等の活動に積極的に参加しましょう。また災害時には、逃げ遅れた人がいないか、手助けを必要としている人がいないか気を配りましょう。

Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る