ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 防災・安全 > 防災情報 > 災害への備え > 竜巻にご注意ください

本文

竜巻にご注意ください

印刷ページ表示 更新日:2018年2月9日更新

竜巻について

竜巻は、発達した積乱雲に伴う強い上昇気流によって発生する渦巻き状の激しい突風です。竜巻は、直径数十メートルから数百メートルで、非常に速いスピードで数キロメートルに渡って移動します。そのため、短時間で、狭い範囲に集中して甚大な被害をもたらすことがあります。日本でも、近年、竜巻によって住宅地などが甚大な被害を受ける災害が度々発生しています。

竜巻は、台風や寒冷前線、低気圧などに伴って、季節を問わず発生していますが、特に、積乱雲が発達しやすい台風シーズンの9月、10月に、竜巻の発生確認数が多くなっています。

「竜巻注意情報」が発表されます

気象庁では、竜巻や激しい突風が予測されるときに、「竜巻注意情報」を発表しています。雷注意報を補足する情報として都道府県単位で発表され、防災機関や報道機関へ伝えられるとともに、気象庁ホームページでお知らせしています。

「竜巻注意情報」が発表されたからといってすぐに避難が必要なわけではありません。実際に竜巻に対する注意が必要なのは積乱雲の近くにいる人だけです。積乱雲が近づく兆候が確認された場合には、頑丈な建物に避難するなどの身の安全を確保する行動をとってください。

発達した積乱雲が近づいているときの兆候

・真っ黒い雲が近づき、周囲が急に暗くなる。
・雷鳴が聞こえたり、雷が見えたりする。
・ひやっとした冷たい風が吹き出す。
・大粒の雨やひょうが降り出す。

身の安全を確保する行動

屋内の場合

・窓、ドア、外壁から離れる。
・家の一階で中心部に近く、窓のない部屋に駆け込む。
・浴槽や机の下等の頑丈な物の陰に入り、両腕で頭と首を守る。

屋外の場合

・車庫や物置、プレハブを退避場所にせず、コンクリート製等の頑丈な屋内に駆け込む。
・駆け込める屋内が無い場合は、頑丈な構造物の側にうずくまったり、側溝等に伏せる。

詳しくは、気象庁リーフレット「竜巻から身を守ろう!~自ら身を守るために~」をご確認ください。
気象庁リーフレット「竜巻から身を守ろう!~自ら身を守るために~」【気象庁】(外部リンク)<外部リンク>

 

※このページは、気象庁「竜巻から身を守るために「竜巻注意情報」をご活用ください」(http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200805/5.html<外部リンク>)を一部加工して作成しています。

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る