ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 未来政策部 > 協働まちづくり課 > Update from Coordinator for International Relations October 2017・国際交流員日記10月2017年

本文

Update from Coordinator for International Relations October 2017・国際交流員日記10月2017年

印刷ページ表示 更新日:2017年11月15日更新

Parent and Child English Café ・ 親子英語カフェ 2017年10月30日

                  ニコニコ カフェ

On October 27th and 30th, we held a parent and child English event at the Hobara Neuvola. The Neuvola is a child rearing support center. We sang a popular English song, practiced some games that are often played with young children in America, and read picture books in English.

 10月27日と30日、保原のネウボラのにこにこカフェで、親子英語活動を行いました。ネウボラは子育て支援センターです。人気な英語の歌を歌ったり、アメリカの遊びをした後、英語で絵本を読みました。

(作成者:ジェニファー Posted by: Jennifer)

Tsukidate's Sixteen Rakan Statues ・ 月舘の十六羅漢像 2017年10月20日

                             十六羅漢像の1体

Tucked away on a residential street, atop a hill behind a collection of stone inscriptions and a mounted jizou statue are Tsukidate’s Sixteen Rakan Statues. Originating from Mahayana Buddhism, the rakan, or arhats are those who have attained “truth”, much like “saints” of Western traditions. They are sometimes depicted in groups of 6, 8, 16, 100, and even 500. These sixteen statues each express a unique personality. Some appear to be meditating while others are reading, speaking, and possibly sleeping! And they have been doing so since about 1780, nearly 240 years!

 月舘町の住宅街に隠れて、石碑と地蔵像の後ろにある丘の上に十六羅漢像はあります。大乗仏教に由来する「羅漢」は「真人」や「聖人」を意味し、時には6体,8体,16体,100体、さらには500体で描かれます。この16体の像はそれぞれ独特の性格を描いています。いくつかは瞑想しているようですが、他には巻物を読んでいたり、話していたり、そして寝ていたりします。1780年代に造られたので、240年ぐらいそのままいます!

                  月舘の十六羅漢像の前にある道 十六羅漢像

(作成者:シャネン Posted by: Shannen)

Giant Japanese Zelkova ・  巨大なケヤキ 2017年10月10日

                  けやき ケヤキの写真

Near the Kawara town meeting space in Date, there is a Japanese Zelkova that has been growing for over 300 years. The Japanese Zelkova, also known as keyaki, is the symbolic tree of Fukushima Prefecture. Looking up at the strong branches and the green leaves, one can understand why. It is a good place to contemplate not only the things which have remained the same, but the many ways that the townscape and its traditions have changed through the passing of time. This particular tree was designated by Fukushima prefecture as a green cultural asset, as well as a historical site by Date city.

 川原町集会所の町の広場に、300年以上前から植えられた巨大なケヤキが立っています。ケヤキは福島県のシンボルとして指定されています。強い枝と緑の葉を眺めると、理由がわかります。300年以上前から残った物や時代の流れで変わって来た街並みや伝統を感じることにも良い所です。このケヤキは福島県緑の文化財と伊達市の史跡として指定されました。

 There is a memorial at the base of the giant tree to a villager who sacrificed himself in 1668 in a practice called hitobashira. At that time, the surikami river would often flood over and was a source of great trouble to the residents of the area. It was hoped that this ritual would save the area residents from the flooding.

 巨大なケヤキの根本に、西念塚があります。これは1668年に人柱になった人の碑です。当時、摺上川が毎年氾濫したせいで、地域の人が困りました。このような儀式が地域の人を洪水から救われるように願って行われました。

 (作成者:ジェニファー Posted by: Jennifer)

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る