ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 建設部 > 水道課 > 伊達市の水道水 水質検査結果のお知らせ

本文

伊達市の水道水 水質検査結果のお知らせ

印刷ページ表示 更新日:2020年4月1日更新

だての水は安全・安心

 伊達市では、摺上川ダムを水源とする「すりかみ浄水場(福島地方水道用水供給企業団)」でつくられた良質でおいしい水道水をみなさまへお届けしております。

 伊達市の水道水の水質については、毎年『水質検査計画』を策定し、水道法に定められている51 項目の水質基準に加え、さらに安心しておいしく飲んでいただけるよう検査項目を約200 項目に増やし、定期的に検査しています。

 伊達市の水道水は各配水池系統毎の試験個所で水道水質基準の値をすべてクリアしており、安全で安心な水道水です。もちろん放射性物質も検出されておりません。

 また、市内16 カ所の蛇口で水道水の「色・濁り・残留塩素」について、異常がないかを毎日確認しています。

 安全な水道水を安心してお飲みください。

水質検査結果(令和元年度)

水質基準項目の解説はこちら(日本水道協会のページへリンク)<外部リンク>

すりかみ浄水場における水質検査結果はこちら(福島地方水道用水供給企業団のページへリンク)<外部リンク>

だての水はおいしい

  国の「おいしい水研究会」が調査したおいしい水の水質要件と、伊達市の水道水の水質検査の結果を比較(下表参照)すると、伊達の水道水はまろやかでくせのない軟水で、おいしい水の要件をほぼ満たしており、おいしさの面からもとても優れた水といえます。
【おいしい水の要件と伊達市水道水検査結果の比較】
水質項目おいしい水の要件伊達市の結果備考
蒸発残留物30~200mg/L53mg /L ナトリウム・ミネラル・カリウム・鉄などの量。量が多いと渋味が出ます。適度に含まれるとコクのあるまろやかな水になります。
硬度10~100mg /L 19mg /Lミネラル(カルシウム・マグネシウム)の量。硬度が低い水(軟水)はまろやかでくせがなく、硬度が高い水(硬水)はくせがあり、好みが分かれます。
遊離炭酸3~30mg /L 0.7mg /L水に溶け込んでいる二酸化炭素の量。爽やかな味を与えますが、多すぎると清涼感が損なわれます。
過マンガン酸
カリウム消費量
3mg /L 以下0.5mg /L 水に含まれる有機物の量を示す指標。多いと水が渋く感じられます。
臭気強度3 以下1 未満腐敗性臭気、カビ臭、金属臭などのにおいの強さ。
残留塩素0.4mg /L 以下0.4mg /L 濃度が濃いとカルキ臭が強くなり水の味を損ないます。
水温20℃以下17.0℃おいしい水の判断基準として水温はとても大切です。10~15℃くらいが最もおいしく飲める温度と言われます。
(梁川町五十沢地内 令和元年7月採水。水温・残留塩素は年間平均)

Adobe Acrobat Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る