ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新生児聴覚検査

印刷ページ表示 更新日:2021年4月20日更新

新生児聴覚検査

伊達市では新生児聴覚検査費用の一部を助成します。新生児聴覚検査は、聴覚障がいを早期に発見するために行う「耳のきこえ」の簡単な検査です。
検査は自動聴性脳幹反応検査(自動ABR)、または耳音響放射検査(OAE)という方法があり、出産した産科医療機関で入院中に受けることができます。この検査はお子さんが自然に寝ている間に行います。要する時間は数分間で、薬は使わず、痛みも害もありません。
受検票は妊娠届出の際に交付します。
 
・対象者     検査日に伊達市に住所を有する新生児

・持ち物     母子健康手帳、新生児聴覚検査受検票

・助成回数    初回、確認、再確認検査の最大3回

・助成額(1回分) 自動ABR:8,500円
           OAE:3,000円
           ※自己負担額については医療機関の窓口にお問い合わせください。

・検査場所    福島県内の委託産科医療機関

福島県外(国内)の医療機関等で受診される場合

受検票を使用して検査を受け、医療機関から請求された金額をいったん支払ってください。償還払い(払戻し)による費用助成を行いますので、下記の申請に必要なものをお持ちのうえ、伊達市にて新生児聴覚検査費用助成申請の手続きをしてください。

・申請場所  伊達市子育て世代包括支援センター『にこにこ』
         住所:伊達市保原町大泉字大地内100番地(保原保健センター隣)

・申請時間  平日8時30分~17時15分

・申請に必要なもの
(1)医療機関等が記入した新生児聴覚検査結果通知書:市町村保管用(ピンクのページ)
(2)医療機関等発行の領収書(新生児聴覚検査費用がわかるもの)
(3)母子健康手帳
(4)口座振り込みのための通帳(申請する保護者と同一名義、ゆうちょ銀行は振込用の番号が必要です。)
(5)認印

― 申請時の注意点 ―
・助成金額は上記の金額までとなります。表示金額に満たない場合は、医療機関発行の領収書の金額を助成します。
・申請後、約1ヶ月前後に指定された口座に振り込みます。

お子さんの住民票を伊達市外に提出される場合

お子さんの住民票を伊達市外に提出される場合、この受検票は使えませんので、住民票を提出する予定の自治体へお問い合わせください。

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る