ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 未来政策部 > 協働まちづくり課 > Update from Coordinator for International Relations November 2018・国際交流員日記11月2018年

本文

Update from Coordinator for International Relations November 2018・国際交流員日記11月2018年

印刷ページ表示 更新日:2018年12月5日更新

Craft Show at Tsukidate’s Kōryū-kan Morimori! ・ つきだて交流館もりもりのクラフト展! 2018年11月29日

月舘交流館もりもりのクラフト展 月舘交流館もりもりのクラフト展

Before coming to Japan, I had never eaten a persimmon. I’m not even sure I had ever seen one. But in Japan, there are a lot of types of persimmon. Moreover, if you peel and hang persimmons through the Fall, you will have dried persimmons, or anpogaki, a naturally sweet snack. Anpogaki are delicious and everywhere in Date City. They’re even featured as a character in the city’s anime about Date Masamune, Masamune Date Ni Kuru.

 日本に来る前に、私は柿を食べたことなかったです。柿を見たことがあったのかどうか分かりません。しかし、日本ではたくさんの種類の柿があります。それに、秋に皮を剥がして干してできる、甘いお菓子、あんぽ柿があります。あんぽ柿はとてもおいしくて、伊達市内にはどこでも見つけます。市の伊達政宗についてアニメ、「政宗ダテニクル」のキャラクターさえあります!

和紙で作られたかご 和紙

月舘交流館もりもりのクラフト展 ひょうたん

Recently I learned about one more use Japanese people have found for persimmons when Tony and I visited an exhibition of handmade crafts in Tsukidate’s Kōryū-kan Morimori. Sharing a campus with Tsukidate Hana Koubou, the kōryū-kan or cultural center is a place to find locally grown produce, handmade goods, or participate in classes. They sometimes hold exhibitions of students’ work, in this case plates and baskets made of Japanese washi paper, layered with decorative patterns, and polished off using persimmons!

 最近、トニーと一緒につきだて交流館もりもりに行って、日本人が見つけた柿のもう一つの使い方について習いました。つきだて花工房とキャンパスを共有してある、交流館もりもりは地元で作られた農産物や手作り品を買ったり、授業に参加できる場所です。時々生徒の作品を展示することもあります。今回は和紙から作られて、装飾模様を重ねて、柿で磨かれたざるやかごがありました!

月舘交流館もりもりのクラフト展 ひも

たかまくら かるた

If you visit the exhibit, expect to find not only the students’ creations, but also an array of historically loaded items on display. On Fridays, Saturdays, or Sundays, you can stay for lunch, guaranteed to be prepared with locally grown produce. Persimmons might even be on the menu!

 訪れるなら、生徒が作ったものだけでなく、歴史上の展示物を見つけることも期待してね。金曜日、土曜日、または日曜日なら,新鮮な昼食を食べられます!柿もあるかもしれない!

月舘交流館もりもりのクラフト展

(Posted by: Shannen ・ 作成者:シャネン)

Isazawa's Community Chrysanthemum Garden ・ 五十沢のざる菊 2018年11月15日

  Yanagawa’s Isazawa District is famous for delicious dried persimmons, and in late Autumn the region is adorned with fruit-laden persimmon trees, each resembling a miniature, floating pumpkin patch. Yet amidst this scenery, another sight has recently appeared in the area. Beside the Isazawa District Community Center blooms a colorful field of round chrysanthemum bushes.

 梁川町の五十沢地区は美味しいあんぽ柿で有名で、晩秋になると果実をたっぷり付けている柿の木で美観を添えます。それぞれの木がミニチュアの浮かんでいるパンプキン畑に似ています。しかし最近この風景の間、他の眺めもみることができます。 五十沢地区交流館の隣に色彩に富んだざる菊の畑が咲きます。

Chrysanthemum bushes in Isazawa ・ 五十沢の笊菊

  We enjoyed walking between the uniform rows, taking time to take in the delicate beauty of individual flowers. Nets are necessary to keep the blossoms together, but by adhering to this restraint not only is a harmonious collection of flowers formed, but the beauty of each is strangely amplified by their proximity.

 一定に並ぶ花の間を歩く事を楽しみ、それぞれの花の上品な美しさをゆっくり満喫しました。花を揃えるために網が必要ですが、この抑制に従う事できれいな集合が出来る事だけではなく、花同士が近いので、それぞれの花の美しさも不思議にも拡大させます。

Chrysanthemums blooming amidst their net ・ 網の中から咲く菊

   While training the branches of such ornamental plants, I suspect that countless generations of Japanese gardeners have seen such creations as metaphors of human societies.

 このように観賞植物の枝の形を仕立てる事で、代々の日本の植木屋は人間の社会の象徴としてこの創造物を見ただろうと思います。

A close-up of yellow chrysanthemums ・ 黄色菊の接写

  The existence of this garden is a credit to the Isazawa community, where a local gardener has selflessly created it for the public good. While we were there, carloads of people from many different places came to enjoy the site and take photographs.

 このざる菊の庭の存在は1人の地元の植木屋が無私無欲で皆様のために育てて、五十沢の共同体が自慢するべき事です。私達がいた間、写真をとったり、花の風景を楽しんだりしに来る人々が色んな所から来ていました。

The chrysanthemum garden beside the community center ・ 交流館の隣の菊畑

We hope that you can come and enjoy Isazawa’s chrysanthemums also!

皆様も五十沢のざる菊を楽しみに来られると願っています!

Everyone loves Isazawa’s chrysanthemums! ・ 皆が大好き、五十沢の笊菊!

(Posted by: Tony ・ 作成者:トニー)

Autumn in Ryozen ・ 霊山の秋 2018年11月3日

  On a recent, chilly Saturday morning, I woke up early, hopped on my motorbike, and headed across a foggy expanse of rice fields towards Date City’s iconic Mt. Ryozen.

  最近の寒い土曜日の朝、僕は早起きして、バイクに乗って、霧の深い田んぼを通過して、伊達市の名所の霊山に向かいました。

A line of eager mountaineers on Mt. Ryozen ・ 霊山で並んでいる熱心な登山者

  When I finally arrived, I joined a long line of people from across the country, all eager to climb the mountain and enjoy its famous autumn scenery. Most importantly, I received a commemorative badge!

  遂に着いたら、全国から集まった、紅葉が有名な霊山を登るのを楽しみにしている人々の長い列に並びました。そして最も大事な事で、記念のバッジを頂きました!

My commemorative badge ・ 頂いた記念記章

  I had never climbed Mt. Ryozen before, and didn’t have much mountain climbing experience, so I was happy to hike near a group of more experienced hikers. I was particularly happy to have other people around when I climbed up a ladder to the top of a tall, rocky outcropping.

  霊山を登った事が無く、登山の経験もほとんど無い自分には経験豊富な方の団体の近くで歩くのが嬉しい事でした。特に、高い梯子を登る時は一人ではなかったから、嬉しかったです。

Mountaineers climbing a ladder ・ 梯子を登る登山者

  Even though using the ladder was a moderately uncomfortable experience, the breathtaking view made it worthwhile. In the clear autumn air, we could see easily Mt. Adatara, not to mention the snow-covered Mt. Adzuma.

  梯子を使うのがちょっと辛かったが、風景が凄く美しかったので価値がありました。秋の清い空気で、安達太良も、もちろん吾妻山も見えました。

Enjoying the view atop Mt. Ryōzen ・ 霊山頂上の景色を楽しむ

  Further on, I took a brief break at a location from which I could see the Pacific Ocean. There I met some amateur radio enthusiasts making contacts across northeast Japan.

  その後、太平洋が見える所で一旦休憩しました。そこで東北全地方から連絡を交換するアマチュア無線の愛好者に会いました。

The Pacific Ocean is visible from Mt. Ryōzen ・ 霊山から太平洋が見える                 Radio amateurs active on Mt. Ryōzen ・霊山で活動するアマチュア無線愛好者

  On the way back home from Mt. Ryozen, I stopped by the Ryozen Michi no Eki Autumn Festival. While waiting to eat freshly grilled pacific saury, I enjoyed a performance by a local taiko drum troop.

  霊山から帰り道に霊山道の駅の秋祭りにも寄りました。新鮮に焼いた秋刀魚を待っていた間、霊山の太鼓団の演奏を楽しみました。

A performance of the famous Ryōzen Taiko ・ 有名の霊山太鼓の演奏        Freshly-grilled pacific saury ・ 焼いたばかり新鮮な秋刀魚

  My day had already been filled with wonderful activities, and it was still the early afternoon! I am looking forward to many more such days here in Date City.

  私の一日はもう素晴らしい活動満杯だったのに、まだ昼下がりでした!伊達市で過ごす、こんなような日々を楽しみしています。

Date City’s scenic Mt. Ryōzen ・ 伊達市の景勝の霊山

(Posted by: Tony ・ 作成者:トニー)

福島県伊達市役所〒960-0692
福島県伊達市保原町字舟橋180番地
  • 電話番号024-575-1111
  • FAX番号024-575-2570

[ 開庁時間 ] 月曜日~金曜日 8時30分~17時15分(祝・休日、年末年始を除く)
[ 法人番号 ] 2000020072133

各ページに掲載されているすべての写真・音声・CGならびに記事の無断転用を禁じます。

© 2021 Date City.

ページトップへ戻る