ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

働く

伊達市移住促進サイト > 働く

市民誰もが生涯活躍できるまちづくりを推進している伊達市では、
若者から高齢者、そして首都圏からの移住者、すべての市民が役割や生きがいを持ち、
活動的に生活ができるまち構想を策定しています。
そのため就農、就労支援制度が充実。農業を始めようと思っている人、
事業を始めようと思っている人をサポートしています。

福島県伊達市で暮らす

はじめての農業をサポートする
様々な取り組み

農業を始めたばかり、または始めてみたいという方のために伊達市では様々な取り組みが行われています。
就農して5年以内、もしくはこれから就農しようとする方には、農家経営や栽培技術等、農業をしていくための必要な知識を指導します。さらに新規就農者に対しての支援金もあります。
農業をしたことはないけれど興味がある方には、無料の農業体験がお勧め。田舎暮らしを体験しながら、伊達市の特産、桃やあんぽ柿の栽培、収穫に携わってみませんか?

はじめての農業をサポートする イメージ写真
空き店舗を利用し、新規事業をスタート! イメージ写真

空き店舗を利用し、新規事業をスタート!

新規事業をお考えの方、伊達市には空き店舗を利用した場合の補助金制度があります。
商店街に立地している空き店舗の1階を賃貸し改修した場合、改修費の3分の2以内、上限160万円までが補助金として支給されます。さらに3年間の家賃補助もあり、これから事業を始めようとしている方にとっては心強いサポートです。
伊達市で新規事業をスタートさせ、商店街の魅力向上に貢献しませんか?

すべての世代が生き生きと働けるまち

若者から高齢者まですべての市民に生きがいや役割を持ってほしいと考える伊達市では、全世代に対し就労支援を積極的に行っています。
就労・就農希望の若者に対しては、相談窓口を設け、仕事の斡旋や研修支援を行います。
また高齢者に対しても子育て支援のサポートや最盛期の農家の手伝いなど、就労の場となる環境を支援します。

すべての世代が生き生きと働けるまち イメージ写真

インタビュー

顔写真

伊達市は自分の才能を
思い切り発揮できる場所です。

支援メニュー

支援制度名内容お問い合わせ先お問い合わせTEL
伊達市空き店舗対策支援事業商店街の空き店舗を活用してお店を始める場合、改修費・家賃について補助金を交付します。
・改修費補助:補助率2/3以内(上限額160万円)
・家賃補助:補助率2/3から1/6以内(上限額20万円/月)
・伊達市商工会
・保原町商工会
・024-577-0057
・024-575-2284
就農支援事業新規就農者及び就農して5年以内の農家を対象とした営農・技術指導の委託及び営農費用助成事業伊達市農政課024-577-3173
青年等就農資金新規就農・農業参入支援のための融資
(1)対象:認定新規就農者
(2)内容:上限3,700万円(特認1億円)、無利子、実質的な無担保・無保証
(3)使途:農業用施設の取得・改修、農機具や家畜の購入ほか経営開始に 伴い必要となる資材費の支払いに利用可能
日本政策金融公庫
福島支店
024-521-3328

 今年度より、市内への移住・定住の促進および中小企業における人手不足の解消のため、県のマッチング支援対象の求人に就業した場合等に、福島県と共同して、東京圏(東京都、埼玉県、千葉県及び神奈川県)から伊達市に移住した方に、就業・起業移住支援金を交付します。詳しくは、東京圏からのUIJターン就業・起業移住支援事業補助金 をご参照ください。

就農についての詳細は、伊達市農政課ホームページ、または伊達市農作物情報サイトをご参照ください。最新情報は、だて『農』情報ツィッターにて。

このページの先頭に戻る