ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
伊達市議会
文字サイズを拡大文字サイズを元に戻す背景色を白に変更背景色を黒に変更背景色を青に変更背景色を黄に変更音声読み上げ
伊達市議会 > 市議会の運営

市議会の運営

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月7日更新

本会議と委員会

市議会には、定期的(おおむね3月、6月、9月、12月の年4回)に開かれる定例会と必要に応じて開かれる臨時会があり、それぞれ活動期間(会期)を決めて、その会期中に本会議や委員会を開き、議案などの審議を行います。

市議会の活動は、会期中に行うのが原則ですが、会期外でも必要に応じて委員会を開いて活動することがあります。

定例会の主な流れ

本会議

本会議は、全議員により構成され、議場で開かれます。
本会議では、議案などを審議し、議会としての最終意思を決定するほか、市政全般についての質問を行います。
本会議を開くためには、原則として議員定数の半数以上の出席が必要です。また、議会の意思は原則として出席議員の過半数で決定します。

委員会

議会には、常任委員会と議会運営委員会が設置されています。
そのほか、必要に応じて議会の議決により設置される特別委員会があります。

委員会別名簿

常任委員会

市の仕事は専門的で幅広く複雑なため、合理的かつ能率的な審査や調査が行えるよう、次の4つの常任委員会を設置しています。

名称委員数
(定数)
所管する事項
総務生活常任委員会7人
(8人)
市長直轄、総務部、財務部、市民生活部、会計課、監査委員、選挙管理委員会の所管に関する事項
他の委員会の所管に属しない事項
文教福祉常任委員会7人
(7人)
健康福祉部、教育委員会の所管に関する事項
産業建設常任委員会7人
(7人)
産業部、建設部、上下水道部、農業委員会の所管に関する事項
予算決算常任委員会21人
(22人)
予算及び決算に関する事項

議会運営委員会

議会の運営が円滑に行われるよう、議会の運営に関するさまざまな問題について協議する機関として設けられています。
伊達市議会の議会運営委員会定数は8人です。

特別委員会

ほとんどの議案は常任委員会で審査されますが、特に必要があると認めるときには、議会の議決により特別委員会が設置されます。
特別委員会では、議会の議決で付議された特定の事件について、審査や調査をすることができます。

協議又は調整を行うための場と政策討論会

伊達市議会では、本会議や委員会のほか、次のような会議を行っています。

協議又は調整を行うための場

伊達市議会では、地方自治法第100条第12項の規定に基づき、会議規則で次のような「協議又は調整を行うための場」を設けており、議案の審査や議会の運営に関して、協議や調整を行っています。

名称目的構成員招集権者
全員協議会市の重要な事項及び議会運営の基本的事項に関する協議、連絡又は調整を行うこと。全議員議長
会派代表者会議議案の審査又は議会の運営に関する協議又は調整議長、副議長、会派代表者議長
委員長会議議会が行う要望等に関する協議議長、副議長及び各常任委員長議長
正副委員長会議議会が行う要望等に関する協議議長、副議長及び各常任正副委員長議長
議会広報委員会伊達市議会だよりの編集に関する協議議会広報委員議会広報委員長

政策討論会

政策討論会は、全議員により構成され、市政に関する重要な政策及び課題に対して、議会としての共通認識の醸成を図り、合意形成を得るためのものです。
政策討論会において取りまとめられた意見等は、次の目的のために活用されます。

  1. 常任委員会及び特別委員会における政策立案
  2. 市長(執行機関)への政策提言
  3. その他、議会における政策形成への反映