ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
伊達市議会
文字サイズを拡大文字サイズを元に戻す背景色を白に変更背景色を黒に変更背景色を青に変更背景色を黄に変更音声読み上げ
伊達市議会 > 政治倫理審査会

政治倫理審査会

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月13日更新

政治倫理審査会

○伊達市議会議員政治倫理条例

 伊達市議会議員政治倫理条例(平成28年9月27日施行、以下「倫理条例」という。)は、議会議員の政治倫理に関する規律の基本となる事項を定めることにより、議員の政治倫理の確立を図り、もって公正で民主的な市政の発展に寄与することを目的として制定されました。

 伊達市議会議員政治倫理条例

 

○伊達市議会政治倫理審査会

 伊達市議会政治倫理審査会(以下「審査会」という。)は、倫理条例に定める政治倫理基準に違反する疑いがある議員について、審査の請求を受けたときに議長が設置するもので、政治倫理基準に違反する行為の存否及び伊達市議会において講ずべき措置があるときはその講ずべき措置について審査を行います。 

○審査会の開催状況

半澤隆議員に対する審査請求(令和元年)

 半澤隆議員が令和元年6月26日の全員協議会において、同僚議員に対し侮辱的発言を行ったことについて、議員から審査の請求があり、審査会を開催し慎重に審査いたしました。

【審査会の開催】

日時

場所

第1回

令和元年9月11日(水曜日)午後3時15分~

伊達市役所2階
委員会室1

 【審査会の構成】

委員長

安藤喜昭

副委員長

佐藤直毅

委 員

佐藤清壽、菅野喜明、小野誠滋、大條一郎、原田建夫、八巻善一

 【審査の結果】

 半澤隆議員の発言は政治倫理基準に違反したものであるとして、審査会の結論として以下のとおり議会の講ずべき措置として決定し、議長に報告いたしました。

 審査報告書 [PDFファイル/115KB]

 【議会の講ずべき措置】

 全員協議会の席上で半澤隆議員が当該発言に対する謝罪と撤回を行うこと。

 

 この結果を受け、半澤隆議員は9月30日の全員協議会において、発言に対する謝罪と撤回を行いました。

 

 以上、倫理条例第13条第2項の規定により公表いたします。